リスク設定の賞味期限、有効期限、サボれる余地の無い状態を作って、圧倒的に行動して第一志望の大学に合格するという目標を達成するためには?

リスクを取る

 

怠惰な自分をイヤでも、行動させるために、リスクを取る

 

そうすることで、負のモチベーションで行動しないとってなるから

 

自分はよく

 

なんかを達成したいときにリスクを取る

 

コレをここまでに達成できなかったら、10万コンビニで寄付するとか

坊主にするとか

 

そんな感じで自分を追い込む環境づくりをしていく

 

ここで、どんなリスクを設定すべきかという話になってくる

 

短期的で強制力が高いもの

 

そして、期間は3~4日スパンでそうやって、自分に仕掛けていく

 

これ以上の日数だと、サボれる余地ができて、最大のスピード、効率で行動していけない

 

そして、短期的で強制力の強いもの

これは、金とか、坊主とか、そのリスクが短期的であること

そういったものであるべき、

リスク自体に時間であったり、労力を要するものだと、そのリスクを実行することもしなくなり、

 

そうなるとリスク自体の再現性がないので、このリスクを設けても、負のモチベーションとして機能しない

 

たとえば、これができなかったら、

 

チャリンコで日本一周をする

とか

 

 

それがもしイヤなことだとしても

 

そんなんだと、もう再現性が低い

 

だから、そんなものでは、

 

焦りが生まれない

 

自分を焦らせて、追い込んで行動させていくために、

リスクは、短期的でかつ、強制力の強いものを設ける

 

そうすれば、イヤでも行動して、目標達成のために必要な行動量は、あっという間にこなせて、

 

本来の自分の目的は、すぐに現実になる