勉強、仕事のレベルアップ、成長には波がある【成長曲線】

受験勉強での学力の上昇

仕事のレベルアップ、成長には、

波があるということ。

 

いい時もあれば、悪いときもある。

 

そこは、どんな分野においても同じことが言える。

 

成長曲線は、2次関数的だが、

その2次関数のグラフも、滑らかに上昇する曲線を描くが、

 

ミクロ的にみると、上がって、下がってを繰り返して、徐々に全体値を底上げする数値に上がっていく。

 

だから、ここで、押さえておいてほしいことは、

 

短絡的な思考にならないでほしいということ。

 

良いことがあっても、それに対して大きく感情を発散すれば、上手くいかなかったときに、その反動として大きく落ち込む

逆に、悪い結果が出たとしても、そこに対して強く執着しても無駄な時間を過ごすだけ。

 

悪い結果が訪れたら、当然いい結果だけで成長していくはずがない。

上下動する波、そういう振幅をはらみながら、徐々に上に上がっていくのだ。

 

 

それを、理解しておけば、

 

結果に囚われ一喜一憂することなく、ただ日々進化、成長にフォーカスして結果的に最短で大きな結果を得られる。

 

今日の結果によって全体を判断することなく、長期的な時間の枠の中で、

今回の結果を捉える。

 

そういう視点を持てば、

おごり、あなどり、怠ることもなく、

冷静に現在地を捉えて、ロスなく進化できる。

 

無駄な感情的なエネルギーを消費することなく、進める。

 

 

今日の、今回の結果がすべてととらえることなく、淡々と日々こなして、

感情の起伏を小さくしながら、取り組んでいきましょう!