【後悔しない浪人の夏の過ごし方は?】受験の天王山の夏休みの期間の計画、注意点、オススメの気分転換の方法を紹介!

 

「浪人の夏はどんな風に過ごせばいいのか?」

「気をつけるべきことはなんかあるのか?」

 

と重要な時期の過ごし方、生活スタイルに対して不安をお持ちでしょうか?

 

浪人生活も7月8月と夏、受験の天王山に入りましたね!

そんな勝負の夏、浪人生がどんな生活習慣、過ごし方をすればいいか?

をお話します!

 

朝は早く起きる

朝型の生活スタイルを心がけましょう!

夏休み期間は、もし、河合や駿台などの予備校に行っている方であれば、

通常授業が無く、夏期講習の期間となります。

 

授業が無い分、

「決まった時間に起きて、この時間に予備校、塾に着いている必要がある」

という部分が緩くなります。

 

だからこそ、

朝は早く起きて、朝一で自習スペースへ乗り込みましょう!

 

僕自身、朝は5時に起きて7時までの2時間自宅で勉強したのち、

予備校に行って、缶詰状態でした。

 

朝のうち、午前中のうちに、重たい教科のテキストや参考書などを済ませて、午後は軽いものをといった感じで、

朝から夕方前まででフルに勉強するような感じでした。

 

とにかく外に出よう

家をすぐに出ましょう!

「僕は、私は、家で勉強できます!」

という方もいらっしゃると思いますが、

基本的にどんな方にも家から出て、家以外の場所で勉強することをオススメします!

 

耳タコな話ですが、

家と外だったら、やっぱり圧倒的に誘惑が多いのは家、

他人の目が少ない、無い分、勉強中の緊張感もなく、サボりやすい環境であるといえます。

 

ですので、

周りの目がある予備校やその他勉強に集中できる場所へとにかく移動して勉強するようにしましょう!

 

僕自身、家にいて、満足に勉強できた記憶がほぼありません。

そこそこの勉強はできますが、

途中で遮られます。家族もいるし、夕飯できたとか言うし、

何かと気になるし、

 

って感じで、本能的に、無意識的に意識が向いていしまう対象が自宅は非常に多かったので、

自分のためにも、家からとにかく出るようにしていました。

 

メディアとの距離を置く

メディアというのは、

主に、テレビ、スマホ、パソコン、新聞

といったものですかね。

基本的に、これらのメディアから受験に合格するために有益な情報が入ってくるということはありません。

テレビをつければ、どっかで事故があった、誰かが死んだ、逮捕されたなどこれでもかといった感じで、ネガティブキャンペーン。

どうでもいい。何ためにもならない。料理番組、グルメレポート、バラエティ。

 

全部どうでもいい、CMを見せるためのコンテンツと世論を誘導する偏向報道の嵐。

 

テレビがついているだけで、イライラしていました。

 

正直なところ、

テレビを見るヤツは、愚かだと思っています。

それは、テレビというメディアが作られた目的、歴史を見ればわかるのですが、

基本的に国民を、愚民をコントロールするためのツールですから、

それを楽しんでみているのは、おいおいってなります。

見事に支配されている、仕掛けられてるじゃんって感じです。

 

だったら、本読んだ方が100倍いいです。

 

 

本読んでれば、教養付きますし、自己啓発系の本とか結構読んでたら勉強頑張ろってなりますし。

睡眠導入にもいいですよね?

 

それから、

スマホもそうです。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramなどなど

SNSをやってます

という人は注意です!

 

浪人生がSNSは絶対NGです!

 

現役で大学に進学した奴らが、ウェイウェイ夏をエンジョイしている画像なんて見でもしたら、

「ウェ、、」

って感じでメンタルをやられます。

 

花火、祭り、海、プール、旅行、

サークルで大学生活を謳歌する現役大学生。

 

タイムラインから流れてくるイベントの宣伝。

 

「あー遊びてー」

とか煩悩が台風並みに、押し寄せます。

 

それに加えて、現役進学組からは、

「のもーぜ!」

とか言って激励会的なものの誘いを受けたりするでしょうが、

 

自分がみじめに思えてくるだけです。

自己嫌悪に陥ります。

 

 

現役進学組とは、コンタクトを取らないこと!

 

スマホからも距離を置くことをオススメします!

 

携帯、スマホは要らない

メディアから距離を置く部分でもお話しましたが、

スマホは諸悪の権化です。

携えていれば、気になりますし、

動画鑑賞にネットサーフィン、SNSのチェック。

当然、勉強への意識と時間が奪われます。

 

やってるだけ、

あなたは、合格する未来から遠のきます。

 

いっそのこと、解約して、買取にでもだすのが良いのかなと思いますが、

それができないという方もいらっしゃると思うので、

とりあえず、1ヵ月、2か月、夏の間だけでも預かっておいてもらうことをオススメします!

 

 

スマホ無くなるだけで、かなり集中して、充実した1日過ごせますよ?

僕自身も今でも、休みの日はたまにやるのですが、スマホを家に置いて、

外で一日作業します。

 

体感ですが、3割、4割増しで充実感を感じられます!

 

スマホ画面を見ている時間だけ、合格から遠のくので、そこだけ自分に戒めておいていただければと思います。

1日の計画を時間帯別に細分化

夏の期間は、宅浪(自宅浪人)の方は別ですが、

夏期講習以外のタームでは、1日フリーとなります。

ですので、自分で計画を立てないといけないと思いますが、

 

ここで1つオススメの計画方法を紹介します!

 

それが、時間帯別に細分化することです。

午前、午後、夕方と3つの時間帯に自分の場合、分けていたのですが、

それぞれの時間帯にこのタスクを終わらせるといった感じで、

1つ1つのタスクに対して、時間的制約を設けていました。

そうすることで、〆切効果によって集中しますし、

 

この時間にコレをやるっていうのが決まっているので、確実にこなしていくことができます!

 

気分転換にカフェへ

上記では、色々と、勉強に集中する、確実にこなして、最大効率で学習を進めていくためのことをお話しましたが、

最後に、ゴキゲンな習慣を紹介します!

 

それは、気分転換にカフェに行くことです。

 

普段は、予備校、塾の自習室で勉強していると思いますが、

 

どうしても気分が乗らないタイミングありますよね?

 

そんな時には、僕はカフェで気分転換をしていました。

 

普段あまり行かないゆっくりできる場所で気持ちをリセット、リフレッシュして、

 

「また頑張ろう!」

って感じで、心を整えられます。

 

カフェでの勉強が習慣化している人にはあまり参考にならないかもしれませんが、

 

たまにカフェに行くのは、結構効果的です!

 

じっくり現状の自分の問題点を洗い出したり、そして改善策を考えたりと色々と考えるタイミングになります。

 

モヤモヤがスッキリします。

 

たまに行くからいいんだなと思ってます。

 

 

まとめ

色々、夏の過ごし方についてお話しましたが、

まとめると、

  1. 朝は早く起きる
  2. メディアとの距離を置く
  3. 携帯、スマホは要らない
  4. 1日の計画を時間帯別に細分化
  5. 気分転換にカフェへ

 

 

といった感じで、

みんな大好きの楽しいワクワクの夏のシーズン。

煩悩が増える中、それらをいかに誘発させることなく、普段通り過ごせるか、

勉強に集中できるかということが、天王山の肝となります!

 

ちょっとでも参考になったなと思ったら是非実践してみてください!