なぜか受験勉強に全然集中できない?どうすればいいの?【断捨離のススメ】

受験勉強を継続的に

集中して進めていくために

大切な概念である断捨離について今日はお話していきたいと思います

 

断捨離

この言葉一つとっても、色々なものがあると思いますが、

主に、上げられる断捨離として

モノの断捨離

情報の断捨離

ヒトの断捨離

 

この3つがあるかと思います。

 

断捨離を何のために、するのか?

ここを軸として考えるといいかなと思います

 

何のためかというと、何か目標があって、そのための行動を

妨げる、障害となるものを取り除き、最短最速で最高の結果を出すためだと僕は考えています

 

断捨離は、目標達成において非常に大切な概念で、

これを意識して、日々を送っていくかどうかで、結果も大きく変わります

 

 

ヒトの断捨離は、マジで大事です

 

実は、人からの影響がめちゃくちゃ大きい

周りにどういう人がいるかで、自分のレベルも決まってきますし、

無駄な付き合いや

なれ合い、生産性のないLINEのやり取りなど

周りの人からは、ホントに色々と影響を受けがちです

 

それが、いい影響、受験勉強を加速させるものであれば、いいのですが、

 

ほとんどが、そうでない

 

愚痴であったり、ネガティブ感情のはけ口であったりと

周りの人から、いい情報を吸収する機会は、ホントに少ないと思います

 

ですので、ホントに、人を選んで勉強を進めていくことが大事です!

 

僕が、浪人時代にやった人の断捨離は3つ

 

1、LINEなどSNSを消す(スマホ→ガラケー)

2、友達の輪を広げない

3、予備校では、一人行動

 

1、LINEなどSNSを消す(スマホ→ガラケー)

浪人始まる前に、僕は、スマホをガラケーにしました。

スマホは、害悪です。LINEにTwitter、Youtube、ゲームアプリなどなど勉強の妨げになるものしかないレベルで、僕の勉強を邪魔する悪魔的存在でした。

ですので、ガラケーにして、LINEも消しました。

そうすることで、現役で大学に進学して、ウェイウェイやっている奴らからの連絡もなく、LINE自体を見ることがないので、ホントに、僕は、勉強に集中できました!

ガラケーにして、最低限家族と連絡付けば、何とかなります笑

(第一、浪人生が、スマートフォンなんていう嗜好品、贅沢品を持っていていいわけがありません笑)

 

2、友達の輪を広げない

 

これは、予備校が始まる前に、決めていたことですが、入ってから、わざわざ新しく友達を作らないということです。

同じ高校から河合秋葉原に行く友達がいたので、これ以上広げる必要もないと思ったし、

友達が増えるぶんだけ、勉強に割ける時間は減ります。

 

結果的に、それで、第一志望に仲良く落ちた予備校の仲良し集団が、現に、いたので、コレは、おおむねどの勉強環境でもあてはまるのかなと思います。

 

3、予備校では、一人行動

 

予備校始まってから、最初の方は、同じ高校から河合秋葉に通うことになった友達と、昼飯や休憩、帰りを共にしていたのですが、

予備校での生活によるストレスのあまり、会って話すとまあ愚痴が止まらない

 

これは、メリット無いな、お互いにいい影響がないなと感じたので、

夏前には、一人で行動するようになりました。

 

そうすることで、自分自身と向き合う時間が増えて、周りに影響されることなく、

現況の自分を分析して、最適な選択をしていきながら、勉強を進めていけたと思います。

 

 

といった感じで、人を切る、人を断捨離することで、勉強にフォーカスできる環境をつくることができます!

 

人からの影響は、ホントに大きいので、

予備校生活では、しっかりとそれを意識しながら、過ごしていっていただければと思います。