【元在籍者が語る】河合塾の秋葉原館の評判、口コミ 実際どうなのか?秋葉原の実態とは?

河合塾の秋葉原館に関して、色々な評判、口コミがあると思いますが、今回は、私立文系浪人を考えている方のために、僕が、浪人の1年間を送った河合塾秋葉原館どんな雰囲気の校舎なのかをご紹介します!

河合塾秋葉原館の良い点①〜⑤と個人的に「ウッ!」となった点①〜③をお話しします!

①講師のレベルが高い

秋葉原館は、早慶大文系専門特化校舎であり、首都圏の予備校ということもあって河合のトップ講師が、多くいます。

人気講師であるが故に、やはり、授業が面白く、提供される情報の質が高いと感じました。

英語で、神だと思って、個人的に崇拝させていただいていたのが、内山九十九さんという講師で、英語の原理原則から、論理的な英文の読み方を教えてくれて、かつ、めちゃめちゃ授業が面白いって感じで、オススメ講師です。

夏期講習や冬期講習などでも、枠が何コもあるので、河合塾の生徒でなくても、一度、授業を受けてみることをお勧めします!

 

世界史に関しては、沼田英之という講師の授業を受けていたのですが、良かった!

この講師も授業が面白く、わかりやすく、且、早慶レベルの知識をしっかりと教えてくれるので、めちゃめちゃありがたかったです。

河合塾で提供しているテキストではなく、沼田先生独自のプリントに、早慶合格のために必要な情報が詰まっており、世界史を、苦手から、得意になるうえでめちゃめちゃお世話になりました。

②生徒のレベルが高い

早慶大文系専門特化校舎であるため、一般的な校舎に比べ、早慶にどうしても合格したいという決意を持った人たちが集まります。

故に、意識の高い人が集まってます。

加えて、都内の進学校の私立、都立高校の人たちがやっぱり、レベルが高い現役の頃にマーチを蹴って、浪人をした人は、ゴロゴロいて、中には、早稲田の人科を蹴って浪人した人もいました。

そういった感じなので、周りの当たり前のレベルが高く、自然と自分の当たり前のレベルも上がり、いい影響を受けられます!

③競う環境がある

毎回の模試のたびに、クラスの偏差値平均が発表されたり、科目ごとに上位15人くらいが毎回貼りだされたりしてします。

また、早慶上智のクラスの中でも、アドバンスクラスでは、2週に1回早慶上智の実践レベルの模試があり、それも、ランキングで上位何名かが、貼りだされることで、「そこに載るために頑張ろう」って感じで、モチベーションになります。

④やる気のでるシステム

定期的な模試や、センター対策用の簡易模試があり、それに対するフィードバックをする仕組みがしっかりあるのと、短期的な目標を設定する機会が何度も設けられているため、「しっかりと現状の自分と向き合って、合格のために何をすればいいのか?」という部分を明確にして、勉強ができるので、自ずとやる気もでてきます。

⑤テキストがいい

2年に1回のペースで河合の講師が、最新の入試を研究して、より高い質のテキストに作り替え続けているので、そこら辺の参考書に比べて、合格に必要な体系的な知識、情報が盛り込まれているので、質がやはり高いです。

入試に出るところが、テキストでしっかりとカバーされているので、テキストを完璧にすれば、センター試験、私立入試で8割以上は堅いです。

⑥受け身でもなんとかイケる

ほぼ毎日、授業があり(秋葉原は午前中だけ授業で午後は自習といった感じ)、予習、復習が講師によって、課されるので、与えられたものをしっかりとこなしていけさえできれば、実力は、確実についていくと思っています。

「いま、何をすればいいんだ?」という状態がほぼ無くなり、講師やチューターが方向をしっかりと定めてくれるので、独学に比べて、圧倒的に不安は少ないかと思います。

①東京の方達への埼玉出身者のジェラ

これは、埼玉県在住の自分の完全なるひがみ以外の何物でもないのですが、結構ボンボンがいます。

加えて、僕は、埼玉の男子校出身なのですが、都内の男子校のヤツらに、同族嫌悪なのかわかりませんが、イライラしてました。

彼ら、男子校のクセして、女性とのコミュニケーションの能力に長けています。

男子校出身かつ、浪人生でありながら、塾の中のキラキラした女子たちと戯れ、リアルに充実している感じが、いかにも、僕の鼻につきまくりました笑

完全にうらやましいだけだったんだろうけど笑

且、その方達が、頭がいいから腹が立つ汗

負い目しかないって感じで、「勉強だけは絶対に負けない!」といった息で頑張ってました。

②河合もビジネス

これは、夏期講習や冬期講習などに関してなのですが、やはり、塾もビジネスです。

売り上げを立てないとしょうがないので、チューターはこれでもかとあらゆる講習を勧めてきます。

もちろん、取って間違いないものもあるのですが、講習を取りすぎて、予習、復習が追い付かなければ、お金をただ溶かしているだけになってしまいます。

現状の自分に必要な分野の講習を定め、こなせるかどうかのキャパも考慮した上で、

最適な講習を、自分で考えて取ることが大切かなと思います。

③動物園

この校舎、騒がしいです。

早慶大文系専門特化校舎ということもあり、私文ウェーイ予備軍が集まってます。

となると、当然ウェイウェイなっちゃうわけですよ笑

ラウンジから廊下からホントに、動物園です。

それに比べて、大宮校は国公立クラスがしっかりとあるので、国立目指している人たちがいて、ほど良い芋感のある雰囲気の校舎で、めっちゃ好きです。

やっぱ、埼玉県民、大宮が落ち着くわけですよ笑

秋葉原館は、そんな感じで騒がしいので、そういった環境で、イライラしつつも、頑張り続けられるという人にはお勧めです。

僕は、秋から冬にかけては、秋葉原で授業を受けた後は、避難するがごとく、

大宮校に直行してました笑

河合塾秋葉原館についてのまとめ

といった感じで、河合塾秋葉原館の特徴をご紹介したのですが、

結論、悪い校舎ではないと思います。

自分のレベルを高めて、早慶に合格するための環境がしっかり整えられていると思います。

埼玉から秋葉原まで、1年間通った価値はあったと思ってます!

 

▼オススメ記事▼

クズだった僕が早稲田大学に浪人して合格した1年間のストーリー(全体像)

【浪人生が成功する秘訣、大切なことは?】偏差値、成績を上げて、第一志望に合格するには?