目標意識とは?高めるには?目標を毎日、意識することの重要性について

「目標意識とは?目標意識を高めるためにはどうすればいいの?」

目標を毎日、意識することの重要性について今日は、話していきたいと思います。

目標意識って何って、読んで字の如く、目標に対する意識。

そして、

この意識を常に、持ち続けることが、自己実現をしていく、得たい状態を手に入れるために大事な要素となります。

当たり前のことですが、

「忘れる」

「人は忘れる」

「目標も速攻で忘れる」

「それを立てた時の感情も、気持ちも、すぐに忘れる」

ってことを念頭に置いて、目標達成のプロセスを歩むことが大切です。

何か、自分で立てた目標を達成する上で、

それをあらかじめ、理解しておくことが必須かと思います。

目標意識が無くなる鉄板ケース

「今回の期末テストで、学年〇〇位に入る!」

という目標を立てて、やる気を一時的にみなぎらせても、

その日はいいかもしれませんが、

寝た次の日には、昨日立てた目標も、そのとき湧き出てきたパッションも吹っ飛んでます

朝起きたら、「ねみー」とか「だりー」って感じで、

怠惰なマインドに戻っていると思います。

人間には、恒常性維持機能.ホメオスタシスという

ベースの状態があって、そこから一時的に飛び抜けても、

もとの状態に戻るような機能、習性が備わっています。

そのため、意識し続けない限り、ほぼ間違いなく、元のマインド、心理状態に戻ります。

加えて、脳ミソは、忘れるようになっていますから、

目標を意識する習慣がないと、

いつの間にか、忘れて、圧倒的怠惰な状態に帰っていきます。

目標意識を高める方法は?

「じゃあ、どうするか?」

という話になってくるのですが、リマインドの習慣が必要です!

目標を毎日意識する時間を一日のうちに何回もとること。

これしかないと思います。

毎日刻む、脳みそに同じ刺激、同じ外部刺激を何回も、何回も与えて、刻む必要があるということ。

そうやって、ベースの状態を変えていく。

ホメオスタシスが新しい目標を達成する方の状態が、通常の状態だと認識するまで、リマインドすること。

そうやって完全にシフトしきったときには、もう自動的に、目標達成のための行動をとって、自ずと、得たい結果に達しているはずです。

リマインドするにも、仕組みを作る必要があります。

その動作、作業を行う上での摩擦を徹底的に少なくしてあげる必要がある。

めちゃくちゃスモールステップ化して、その行為をするうえで、面倒くさいという感情が湧いてこないようにする必要があります。

一番簡単なのは、部屋の目につく場所に、目標を書いた紙を貼ったり、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、油性ペンで手に書いちゃうのが最強です笑。絶対見ますから。

といった感じで、目標を毎日、意識する時間をとる習慣を構築していき、自動的に、目標達成してく仕組みを作っていっていただければと思います。

まとめ

目標意識の大切さについてお話しましたが、改めて重要なポイントを押さると

  • 忘れる、人は忘れるってことを念頭に置いて仕組み化していくこと
  • 目標も、それを立てた時の感情も、気持ちも、すぐに忘れる
  • だから、忘れることを前提に習慣、仕組みを構築すること

要は、目標に関しても、復習をすることが大事ってわけです。

それが、何か自分が新しく望んだ目標を達成する上でまずやるべきことかなと思います。