クズだった僕が早稲田大学に合格した1年間のストーリー【現役→浪人】

「早稲田大学に合格したい!」と思っている方へ、このページでは、僕の合格までの軌跡をザックリご紹介します!

「こんな人もいるんだ!」といった感じで軽ーく目を通していただけると幸いです。

高校時代

たまたま進学校に受かってしまった僕(模試の偏差値では、一回も合格圏に入れなかった高校だった)

周りが旧帝、早慶を志す人だらけで、知らぬ間に自分もそう志すように影響されていました。

とはいえ、高校では、まじめに勉強はせず、乃木坂46にドはまりし、握手会とライブに明け暮れ、当然のごとく、浪人決定!

ちなみに、僕の高校は、同期360人中の約50%が浪人するような男子校です。

浪人時代

「浪人したからには、絶対に早慶にいく!」と決意を固めた3月。

また、周りに影響、感化されて、「誰にも負けねー」「俺がNO.1だ!」って感じで、ものすごいやる気で浪人時代の夏までを、過ごします。

大宮在住で、当時は、河合塾の早慶特化の校舎である秋葉原校だったのだが、ある夏の終わりの電車の中で、ふと、こう思います。

「おれ、なんで、勉強してんだっけ?」「早稲田行ったところで、どーする?」

って感じで、迷走し、9月から11月まともに勉強することができませんでした。

といった感じで、約三か月間は、予備校の授業は出て、すぐに帰る。

周りには、「オレ、家の方が、集中して勉強ができるわ~」とか、集中できるわけねーのに、そんなウソこいてもいた笑

そんな迷走期間を経て、モチベ復活

「ここまでやってきたんだから、合格は欲しくね?」って感じで本気で残りの期間を過ごす。

そういったっ感じだったので、出願した大学も本当に絞りました。

出願と合否

出願の数と実際の合否は下記の通りです。

【センター利用】

  • 明治大学 経営→〇

センター利用は、85%くらいでした。

【一般】

  • 明治大学 経営→〇(特待)
  • 早稲田大学 文化構想→ ×
  • 早稲田大学 法→ ×
  • 早稲田大学 教育→ ×
  • 早稲田大学 商→〇
  • 早稲田大学 社会科→◎

って感じで、合計で6つの学部に出願でした。

結果は、3勝3敗

合格の瞬間は、なんだかんだ、大学に行きたくないと思っていたといえど、めちゃくちゃ嬉しい”(-“”-)”

電話で合否の通知を聞いたんだが、

「おめでとうございます。合格です。」

のアナウンスを聞いた瞬間に発狂「フォーっ!!!!(≧◇≦)」って感じで叫んで、リビングでヘッドスライディングをしたのは、今でも鮮明に覚えてます笑

といった感じで、勉強は、本気でやっていた分、それと、周りの友達は、慶応なり、上智なりの合格をすでに、つかんでいた分、めちゃめちゃ嬉しかった(早稲田の商学部と社会科学部が私大の合格発表の最後なんですよね)

その合格発表を聞くまでは、「あー、オレ明治か~」「まあ、セン利で明治とれたのを誇りに思おう」って感じでした笑

まあ、そんな感じで、僕の浪人時代は、ちょっと他の人とは、違った感じだったのかなと思います。

早稲田合格した自分の感想と考察

早稲田合格した自分のこの期間の感想と自分なりに振り返ると下記のことが挙がってきました。

  • 大学に行きたくはないが、合格は欲しい
  • 出願大学が極端に少ない
  • 本気で気合入れてやれば受かる
  • 受験は、根拠のない自信と気合

そんな感じで、浪人時代は、長いようで、短い密度の濃い1年間です。

結果合格したからというのもありますが、すごくいい経験だと思ってます。

だから、浪人している人に対しては、無条件で応援したくなってしまいます。

全国の浪人生の皆さん、第一志望合格を目指して、

気合で残りの期間、自分を徹底的に追い込んでみてください!