【浪人生が成功する秘訣、大切なことは?】偏差値、成績を上げて、第一志望に合格するには?

「浪人が決まった!」「絶対に、成功したい!」「浪人で木方の大学に合格するための秘訣はなんだ!」

  • 今年、浪人が決まった人
  • 浪人生で、今、勉強を頑張っている人

そんな方に、成績を伸ばし、第一志望に合格するために大切なポイントを、ここで、お話していきたいと思います!

浪人成功の秘訣①ブレない主体性

主体性、言い換えると、当事者意識、自己責任マインドとも呼ばれたりしますが、これが非常に大事かと思います。

主体性がないと、塾に、予備校に、参考書に、先生に依存して、

予備校に行けば、大丈夫、勝ち」

この参考書買ったから、大丈夫だ」

とか最強の武器を持ち、全知全能の神になったかの如く、気持ちだけ高揚し、結果何もしなければ、成長もクソもないってことになります。

良い先生の授業が受けられる」

良いテキストを持っている」

もちろん、そういったことも大事なのですが、結局、自分で、その情報を活かして、自分の知恵、能力として、吸収していかないと意味がありません。

ずっと、受け身の状態だと、死にます。

与えられたことしかしないとそこで、成長は止まります。

だから、テキスト、参考書という情報が与えられたうえで、それをしっかりと使う、使って、今の自分の弱点を洗い出して、

「今、何をすれば、どの分野を強化する必要があるのか?」

ってのを明確にして、自分の勉強生活に当事者意識をもってやっていかないと伸びません。

それから、また違うレベルの主体性なのですが、何かというと、周りに影響されないという意味での主体性です。

受験勉強をしていく中で、一緒に、戦い抜く、高めあう仲間(時に、ネガティブな影響を受け、無駄な談笑をして、足を引っ張りあうわけですが笑)であったり、予備校の先生やチューターであったりと浪人する中で、色々な人からの情報が入ってくるわけですが、それを、すべて、うのみにしてると、危険です。

勉強仲間に影響を受けることが一番危険です。

先生やチューターはともかく、一緒に勉強している仲間から得た情報には、ろくなものがありません。

第一、その人たちはまだ、受験で第一志望に合格したわけでないですから。

受験に合格した人から、そういったアドバイスを受けるのなら、まだしも、合格もしてない人からの情報を吸収しても、振り回されるだけです。

加えて、隣の芝生は青いです。

めちゃめちゃ青いです。

どこまでも青い。

「あの参考書よさげだな~」

「あの先生の講習とったんだ~」

「おれも、やった方が、いいんじゃね?」

ってなることは少なくありません。

それで、結果的に振り回されて、手を広げまくって、どの教科も伸びることなく、無駄な時間をひたすら送るということがあります。

(現役時代の僕が、コレでした泣)

とにかく、流されないこと、適切な情報を取り入れたうえで、「本当に、コレが今の自分に必要なのか?」というのを、現状の自己分析をしたうえで、自分で決めて、自分で選んだ道を進んでいくこと適度に取り入れて、あとは、ブレないこと!

浪人成功の秘訣②根拠のない自信を持つ

誰に、何と言われようと、「オレが、誰よりもできる」という自信を持つこと。

成績、結果が伴っていなくても、そういった意識が大切です。

現役のときに、どんまいな結果で、浪人が始まったとき、一番最初に、意識して、心に留めておいたことがそれです。

僕は、世界史と国語が、特に現代文が苦手で、現役のときは、河合の偏差値、国語は40台がデフォルトだったのですが、浪人してから、「オレの得意教科は、現代文だ」といった感じでやっていた結果、センター本番、国語で、しっかりと8割とることができました。

まずは、意識から、そうやって、何度も刻んで、しっかりこなしていけば、結果的に、実力はついてきます。

「おれは、国語苦手なんだよな~」といった感じで、ネガティブな方向でやってたら、できるようになるわけがないです。

「散った~、今日も、安定のクズさ」といった感じで、当たり前が、そのレベルになっているので、そこから動くことがありません。

浪人成功の秘訣③高い目標を設定する

基本的に、将来こういう勉強をして、こういう仕事をしていきたいから、この大学のこの学部がいいという方以外で、

学歴が欲しいという方には、目標の第一志望をもっとも高いところに定めることをお勧めします。

なぜかというと、その目標に”権威性”があるからです。

東大、京大、早稲田、慶應といった大学には、基本的に、誰もが、うらやむ風潮(社会が作っているわけですが)があります。

僕も、早慶とかにやっぱり憧れを持って、やっていたわけで、

「早稲田のブランド、合格の称号が欲しい」といった感じでやっていたわけですが、

誰もが羨む、誰もが良いというものには、社会的な価値があるわけです。

そこから、実際にそのブランドを背負った自分を想像すると、ちやほやされたりと、承認欲求的な部分がかなりいい感じで、気持ちがいい思いができるかなってなるわけですよ。

「成人式のときに、オレ早稲田とか言ってドヤれたら気持ちいいな~」とか思いながらやってました。

そうやって、目標を高い場所にしておくと結果的に、モチベーションになってきて、やる気が湧いてくるわけです。

ですので、目標は、権威性のあるものにしていくことをお勧めします!

浪人成功の秘訣④色々な参考書に手を出さない

テクニックレベルになりますが、色々な参考書、テキストに手を出さないこと。

広げた分、1コに対して、注げるチカラが少なくなって、分散して、結果的に、どれも極められず、なんで伸びないんだろうな~とか馬鹿な発言しちゃったりします。

参考書は、絞る、とにかく絞る

先ほどに主体性の話になりますが、周りの人が使っている参考書が「凄そう!」に見えるのは、往々にしてあることです。

「隣の芝生は、めちゃくちゃ青いです!」何回も言います笑

参考書絞って、しっかりその一冊を使い込む。ボロボロにしてください!

「じゃあ、どの参考書がいいのか?」

それは、先生やチューターなど、自分が信頼して、尊敬している人に聞いてみてください!

そうしてしっかりと指定してもらったものをしっかり使い込みましょう!

浪人成功の秘訣⑤苦手分野に向き合う

苦手分野をそのままにすることがよくあります。

苦手なものは、一番、伸びしろ、があります!

でも、苦手なものって点数取れないから、最初は、クソつまんないんですよね。

それでも、しっかりと向き合って、毎日、目を背けずやっていくことで、ある一定のラインを超えると(結構感覚的ですが)解けるように、なります。

問題の見え方が変わります。

景色が変わるわけです。

僕も、現役時代、目を背けていた現代文と浪人してから、真正面から、毎日向き合ってから、めちゃめちゃスパークしました(^^

「やべー!イケる!」って感じでめちゃめちゃ刺激的な瞬間がありました!

といった感じなので、

苦手教科こそ、しっかりと時間を確保して、真正面から、真剣に向き合いましょう!

まとめ

浪人の成功の秘訣に関してお話ししましたが、改めてまとめると、

  • 依存せず、周りに影響されることなく、主体性を意識すること
  • 根拠のない自信をまずは、持つこと
  • 目標の第一志望は権威性のある高いものにすること
  • 色々な参考書に手を出さず、絞ってそれにコミットすること
  • 苦手分野と真正面から向き合うこと

といった感じで、浪人が決まった方は、よければ参考にしていただければと思います!

 

▼こちらの記事も合わせて読まれてます▼

クズだった僕が早稲田大学に浪人して合格した1年間のストーリー